チェリーアイ

原因
本来、目頭裏側の膜内にある第三眼瞼腺が、第三眼瞼の外側に飛び出す事で起こります。
また、第三眼瞼と第三眼瞼腺とをつなぎとめる役割を果たす細胞の結合組織が先天的に無かったり、結合が不十分だったりする事でもチェリーアイを発症する場合があります。

先天的な原因によるものは、1歳以内の子犬など比較的若いうちから発症します。

中高齢の発症は、瞬膜腺や眼球の腫瘍を疑い精査が必要です。

症状
チェリーアイの症状は、第三眼瞼腺が炎症を起こして外側に飛び出す事し、大きく腫れ上がり赤くなるのが特徴です。
また、飛び出した第三眼瞼腺が目に刺激を与え、慢性的な不快感を感じるようになります。
その不快感から、犬が自分で目を何度も擦る様になり、そこから、結膜炎や角膜炎など別の眼の病気を併発する恐れもあります。それが原因となり、顔の表情などにも影響します。

 

治療
慢性的にチェリーアイが起こる場合は、第三眼瞼腺を所定の位置に戻す外科的手術を行います。手術法は「ポケット法」「T字軟骨固定法」など組み合わせて実施します。重症の場合は2~3回の手術が必要になります。

 

 

 

Comments are closed.