緑内障

緑内障とは眼圧があがることによって、視神経を圧迫して視覚障害になり最終的には失明をする病気です。また、失明するだけではなく高眼圧は大変苦痛を伴います。目が痛いだけではなく頭の中心部をハンマーで殴られるくらいの苦痛です。

治療は高眼圧から視覚を救うこと、動物の苦痛を取り除くことが最大の目的となります。

 

 

●原因
原発性緑内障‥柴犬、プードル、ビーグル、バセット・ハウンド、コッカースパニエル、シーズー、チワワ

続発性緑内障‥角膜潰瘍、白内障、水晶体脱臼、腫瘍などでぶどう膜炎になり、緑内障を発症

●診断‥眼圧測定、視覚の有無、眼底検査、続発性緑内障との鑑別

 

●治療
緊急入院により頻回点眼、内服、静脈内点滴
重症の場合は外科療法(半導体レーザーによる毛様体光凝固)
シリコン硝子体内挿入術、眼球摘出術
シャント術(インプラントにより眼房水を排出させる)

緑内障の原因の一つは眼内の水(房水)の出口である隅角が詰まることにより房水の排泄が悪くなり、眼圧が上昇します。眼圧の上昇が長期に続くと視神経が障害されるために短期間で失明します。また、大変苦痛を伴う疾患のため緊急性が高いです。

 

●半導体レーザー手術について
レーザー手術により眼房水産生を抑制して眼圧を正常化する
1年目成功率50~60%
複数回手術が必要な場合もあります。
当院では眼科専用のレーザーを使用しています。
このレーザーは網膜剥離や眼球内黒色腫の治療も可能です。

 

 

眼科専用 半導体レーザーオキュライト GLx
緑内障の他、網膜剥離、虹彩嚢胞、眼内黒色腫瘤に対応

 

 

 

●シリコン硝子体内挿入術
視覚が無く、点眼、内服、レーザー手術で改善がない場合
眼球温存が目的
苦痛を取り除き、QOLの向上
眼球が小さくなる前に実施
角膜が白濁することがあります。
術後は点眼の必要はありませんが、合併症ある場合は必要。

 

 

 

●眼球摘出術
視覚が無く、点眼、内服、レーザー手術で改善がない場合
点眼が不可能な場合
術後はメンテナンスフリー

Comments are closed.